消費者庁: みそ品質表示基準の一部改正(案)に関する御意見募集

   消費者庁、6月29日「みそ品質表示基準の一部改正(案)に関する御意見募集(6月28日付)」について発表しました。


平成23年6月28日
消費者庁食品表示課


みそ品質表示基準の一部改正(案)に関する御意見募集

 


1.意見募集対象
 
みそ品質表示基準の一部改正(案)(別紙参照)
 
2.改正の趣旨等
 
  以下のとおり見直す予定としております。
(1) 風味原料等を使用したみそが「みそ」の定義に含まれることを明確にすること。
(2) だし入りみそについて、名称の表示の方法に係る規定を追加すること。
(3) 原材料名の表示方法について、原料、食品添加物等の各区分中の原材料を重量順に記載する
     ことを明確にすること。
(4) 内容量の表示方法について、内容重量の標準を削除し、加工食品品質表示基準と整合性を図
     り、内容量に合わせた内容量表示とすること。つきましては、下記の要領にて広く国民の皆様の
     御意見を募集いたします。
     お寄せいただいた御意見につきましては、内容を検討の上、消費者庁告示作成の参考とさせて
   いただきます。

3.意見募集期間
   平成23年6月28日(火)から平成23年7月27日(水)まで(郵送の場合は同日必着)

4.意見の提出方法
   御意見は、理由を付して、次に掲げるいずれかの方法により提出してください。
   なお、電話での受 付はできませんので、御了承下さい。

(1) 【電子メールの場合】
   E-MAIL :i.shokuhin@caa.go.jp ←クリックしてください
  ※電子メールの件名を「みそ品質表示基準の一部改正(案)について」としてください。
   なお、メールにワード、一太郎ファイルを添付しての提出も可能です。

(2) 【FAXの場合】
   03−3507−9292 消費者庁食品表示課意見募集担当あて
  ※表題を「みそ品質表示基準の一部改正(案)について」としてください。

(3) 【郵送の場合】
 
  〒100−6178
   東京都千代田区永田町2−11−1 山王パークタワー5階
   消費者庁食品表示課意見募集担当あて
   ※封筒表面に「みそ品質表示基準の一部改正(案)について」と朱書きしてください。
 
◆ お送りいただく場合、以下の事項を御記入ください。
  【1】 御意見(表題及び御意見を御記入ください。)
  ※御意見が600字を超える場合、その内容の要旨を添付してくださいますようお願いいたします。
  【2】 氏名(法人その他の団体にあっては名称/部署名等)
  【3】 職業(法人その他の団体にあっては業種)任意
  【4】 住所
  【5】 電話番号
  【6】 メールアドレス(お持ちの場合)

5.注意事項
○ お寄せいただいた御意見に対する個別の回答は致しかねます。
○ 御意見については、基本的にはその要旨を公表いたしますが、提出者の氏名や住所等個人を特
   定できる情報を除き、そのまま公表させていただく場合もありますので、あらかじめ御了承下さい。

-―お問合せ先―
消費者庁食品表示課 03-3507-9223

消費者庁プレスリリース
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=235080016&Mode=0
************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************



消費者庁:「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針」の公表について

消費者庁は「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針」の公表について発表しました。

平成23年2月21日
消費者庁


消費者庁では、昨年10月8日、「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針(案)」を公表し、トランス脂肪酸に関して食品事業者が情報開示を行う際の考え方を明らかにしたところです。

その後、消費者庁が実施したパブリック・コメントでは、224通の意見が寄せられ、意見の概要及びこれに対する消費者庁の考え方について、別添のとおり取りまとめました。

パブリック・コメントでは、消費者・消費者団体から135通の意見が寄せられ、食品に関する情報の開示を促進する消費者庁の取組を支持する意見や、トランス脂肪酸など栄養成分の表示を義務化すべきとの意見がありました。また、事業者・事業者団体から89通の意見が寄せられ、表示の方法や分析方法の詳細な説明を求める意見などのほか、現時点では指針を策定すべきでないとする意見もありました。

これらの意見を踏まえ、消費者庁では、指針(案)の内容を一部修正し、「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針」を別紙のとおり定めました。

本指針により、トランス脂肪酸を含む栄養成分に関する情報が、販売に供する食品の容器包装、事業者のホームページ、新聞広告等を通じて広く開示され、消費者の適切な食品選択に資するものとなることを期待します。

なお、トランス脂肪酸その他の脂質に関する科学的な知見は、日進月歩で充実している段階にあることから、現時点では、健康増進法に基づく栄養表示基準に規定するのではなく、本指針において考え方を明らかにすることとしたものであり、今後も、新たな知見に基づき、本指針を随時見直していくことを予定しています。


担当:消費者庁食品表示課
平中、芳賀
連絡先:03−3507−9222


「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針(案)」からの主な修正箇所について

「トランス脂肪酸の情報開示に関する指針(案)」からの主な修正箇所は以下のとおりです。

○ 「1.トランス脂肪酸の定義」をコーデックス規格に細かく対応した和訳に修正した。

○ 「2.表示方法」で「分析方法を表示する」としていた部分を削除し、「4.分析方法」の(注4)に、「事業者のホームページ等において、使用した分析方法を明らかにすべき」旨を追加した。

○ 「2.表示方法 〔松療」で、「トランス脂肪酸は、栄養表示基準に基づき表示される栄養成分と区別して(枠外に)表示する」としていた部分を、「栄養成分と同様に(枠内に)表示する」に変更した上で、表示の順番を明らかにした。

○ 「2.表示方法 ぃ娃臧充─廚旅猝椶鮑鐔するとともに、(注3)として、0g表示をする際の考え方を明らかにした。

○ 「3.強調表示  峇泙泙覆せ檗廚良充─廚鬚錣りやすい表現に修正した。また、飽和脂肪酸の含有量要件について、栄養表示基準の取扱いと整合性をとって修正した。

○ 「3.強調表示 ◆崢禪困気譴浸檗廚良充─廚如◆嵌羈啾仂反品は自社の従来品とする」としていた部分について、栄養表示基準の取扱いと整合性をとって、自社の従来品に限定しないこととした。

○ 「4.分析方法」の(注4)で、「結果として表示された含有量が正確な値でなければならない」としていた部分を、「表示された含有量が正確な値であることを示す合理的な根拠が必要である」に変更した。
また、「トランス脂肪酸の含有量を表示するに当たっては、事業者のホームページ等において、使用した分析方法及び当該方法により測定した分子種(炭素数)を明らかにするなどにより、表示の根拠となる考え方を消費者にわかりやすく情報提供することが必要である」旨を追加した。

消費者庁HP
http://www.caa.go.jp/foods/index5.html

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************



消費者庁: 玄米及び精米品質表示基準見直しに係る説明会

 消費者庁は、「玄米及び精米品質表示基準見直しに係る説明会」の開催について発表しました。

「玄米及び精米品質表示基準見直しに係る説明会」の開催について

平成22年10月6日
消費者庁食品表示課

 消費者庁では、玄米及び精米品質表示基準の見直しの際の参考とするため、国民の皆様から広くご意見を消費者庁ホームページ等において募集しておりますが、見直しに係る説明会を以下のとおり開催することとしましたのでお知らせいたします。

1. 説明項目
玄米及び精米品質表示基準 (平成12年3月31日農林水産省告示第515号)

2. 開催日時
平成22年10月19日(火)14:00〜16:00

3. 開催場所
消費者庁6階大会議室
千代田区永田町2−11−1山王パークタワー6階

4. 参加申込み方法
  • 10月14日(木)12:00までに、氏名(ふりがな)、所属、住所、電話番号を明記の上、g.hyojiiken@caa.go.jp までメールにてお申込み下さい。

  • プレス関係者におかれましては、撮影の有無も併せてご記入下さい。
    (冒頭のみカメラ撮り)

  • 多数の参加者が予想されますので、各社・各団体1名までの申込みをお願いします。

  • 遅くとも10月15日(金)までにメールにて参加券をお送りします。参加券をプリントアウトし、会議当日、消費者庁1階受付及び6階会場受付で提示して下さい。

  • 希望者多数の場合、希望者の中から抽選により参加者を決定します。10月15日(金)までに参加券が届かなかった場合は、申し訳ありませんが枠内に入らなかったことになります。ご理解頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

5. 説明会時の留意事項
  • 事務局の指定した場所以外の場所に立ち入ることはできません。

  •  説明会中は携帯電話等の電源は必ずお切り下さい。

  • その他事務局職員の指示に従って下さい。

6. その他
  •  説明会では質問や意見をご発言いただく時間を用意しております。

  • 説明会当日にご発言いただく場合であっても、本基準へのご意見等は、現在行っております「玄米及び精米品質表示基準の見直し開始に伴う御意見募集」(平成22年11月4日まで)へ別途お寄せくださいますようお願いいたします。

玄米及び精米品質表示基準の見直し開始に伴う御意見募集
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=235080007&Mode=0

---------------------------------
問い合わせ先
消費者庁食品表示課 担当:小椋、吉田
TEL:03−3507−9223(直通)

消費者庁(PDF書類)
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin414.pdf

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010

URL:http://www.mhcl.jp
************************



農林水産省:米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律の「米トレーサビリティ制度Q&A〜対象品目編〜(案)」についての意見・情報の募集について

募集は終了しました。

 農林水産省は、米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する
法律の「米トレーサビリティ制度Q&A〜対象品目編〜(案)」
についての意見・情報の募集について発表しました。

e-Gov  パブリック・コメント

国民生活の安全・安心の確保/その他
米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する
法律の「米トレーサビリティ制度Q&A〜対象品目編〜(案)」
についての意見・情報の募集について
案件番号:550001202
案の公示日:2010年04月07日
意見・情報受付締切日:2010年04月26日
所管府省・部局名等(問合せ先):総合食料局食糧部計画課
                     電話:03−3502−8111(内線4209)
行政手続法に基づく手続であるか否か:任意の意見募集

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************ 


消費者庁:食品表示に関するQ&A(平成22年3月版)

 消費者庁のホームページで公表されている「食品表示に関するQ&A」が更新されました。

消費者庁  食品
食品表示に関するQ&A

●食品表示に関するQ&A(平成22年3月版)[PDF:135KB]

消費者庁 食品

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************ 


農林水産省関東農政局:そば加工品の表示に関する特別調査の実施結果について

  農林水産省関東農政局は、そば加工品の表示に関する特別調査の実施結果を公表しました。

プレスリリース                                    平成22年3月10日
                                             関東農政局

そば加工品の表示に関する特別調査の実施結果について

1  農林水産省、独立行政法人農林水産消費安全技術センター(以下「センター」という。)及び都道府県が、平成21 年7 月17 日から平成22 年2 月28 日までの期間、「そば加工品の表示に関する特別調査」を実施しました。
2  今般、関東農政局管内において調査した結果及び判明した不適正表示に対する措置について、以下のとおりまとめましたのでお知らせします。なお、本調査の全国結果については、農林水産本省において本日公表しております。

1 そば加工品の表示に関する特別調査の実施状況

(1)小売店舗調査
関東農政局及び都県が、そば加工品を販売する関東農政局管内の小売店舗1,014店舗において、JAS 法に基づく「加工食品品質表示基準」及び「乾めん類品質表示基準」で定める義務表示事項(名称、原材料名、内容量、賞味期限、保存方法及び製造業者の氏名等)がそば加工品に適正に表示されているか確認するため、調査を実施しました(別紙 表1参照)。

(2)科学的検証による原材料表示の確認
センターが、そば加工品55 点を買い上げ、アミノ酸組成分析による原料そば粉の配合割合に関する分析を実施し、原材料表示欄内の原料そば粉の配合割合表示が適正か、また、重量順に原材料が表示されているか確認しました。

(3)製造業者等の調査(遡及調査)
関東農政局、センター及び都県は、(1)又は(2)において不適正な表示や表示内容に疑義を確認した商品の関東農政局管内の製造業者等(製造業者、加工業者、販売業者等)75 業者に対して表示根拠の確認のため遡及調査を実施しました(別紙 表2参照)。

2 そば加工品の表示に関する特別調査の実施結果
上記1(1)、(2)及び(3)の調査を行ったそば加工品11,773 点について、以下のことが判明しました(別紙 表3参照)。
(1)適正に表示されていた商品 11,295 点(95.9%)
(2)不適正な表示がされていた商品 478 点(4.1%)
・表示事項の事項名の欠落、誤字・脱字等、軽微な不適正表示 442 点(3.8%)
・表示の欠落、事実と異なる表示等、不適正表示 36 点(0.3%)

3 違反業者への対応
不適正な表示を行っていた業者については、関東農政局が、1 業者に対してJAS 法に基づく指示を行い、その旨を公表しました。また、1 業者に対して指導を行いました(別紙 表4参照)。
 
(参考)指示・公表した業者
株式会社サカガミ(農林水産省関東農政局:平成22 年1 月13 日)
※株式会社サカガミに委託され製品の製造を行った有限会社北室白扇に対しては、当該事業者を管轄する徳島県が、同日、JAS法に基づく指示を行っています。

本プレスリリース発表記者クラブ等
国会記者クラブ関東七社会、茨城県政記者クラブ、栃木県政記者クラブ、刀水クラブ(群馬県)、埼玉県政記者クラブ、千葉県政記者会、東京都庁記者クラブ、神奈川県政記者クラブ、山梨県政記者クラブ、長野県庁会見場、静岡県政記者会

※本プレスリリースは、上記記者クラブ等への発表後、農林水産本省の農政クラブ、農林記者会に対して情報提供いたします。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)
別紙 そば加工品の表示に関する特別調査の実施結果について(表1〜表4)(PDF:254KB)

―お問い合わせ先―
消費・安全部表示・規格課
担当者:牟田、中村
代表:048-600-0600(内線3234)
ダイヤルイン:048-740-0091
FAX:048-601-0548

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************



消費者庁:トランス脂肪酸の表示に向けた今後の取り組みについて

  消費者庁は、食品等に含まれるトランス脂肪酸の表示に向けた今後の取り組みについて発表しました。消費者に対する情報提供の充実、表示の制度化に向けた検討などが盛り込まれています。

消費者庁

トランス脂肪酸に関する情報

平成22年 3月 9日トランス脂肪酸の表示に向けた今後の取組について[PDF:189KB]

***********************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************


 



農林水産省:「食品企業の商品情報の開示のあり方検討会」の取りまとめ案に対する意見・情報(パブリック・コメント)の募集について

 農林水産省は、「食品企業の商品情報の開示のあり方検討会」の取りまとめ案についてパブリックコメントを実施しています。

プレスリリース                                     平成22年1月18日
                                              農林水産省


「食品企業の商品情報の開示のあり方検討会」の取りまとめ案に対する意見・情報(パブリック・コメント)の募集について

「食品企業の商品情報の開示のあり方検討会」の取りまとめ案について、広く国民の皆様から意見・情報を募集するため、平成22年1月18日(月曜日)から平成22年2月16日(火曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。

1.背景・趣旨
消費者の食への関心が高まっているとともに、近年、消費者の食品購入方法も多様化している中で、消費者の的確な商品選択に資する幅広い食品情報の提供を促す観点から、
・インターネット販売等の消費者が商品を直接手にしないで購入する販売方法における情報提供のあり方
・食品製造・販売企業のホームページの活用、お客様相談窓口等における情報提供のあり方
について、学識経験者、食品事業者、消費者等と意見交換、検討を行う「食品企業の商品情報の開示のあり方検討会」(以下「検討会」という。)を開催してきました。

この度、検討会における意見交換、検討を踏まえて、消費者への食品情報の提供のあり方について報告書案を取りまとめたことから、この案について広く国民の皆様から意見・情報を募集します。

2.意見公募の対象となる案及び関連資料の入手方法
農林水産省消費・安全局表示・規格課において配布及びパブリックコメントの当該案件ページにて掲載。
資料掲載先URL http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?OBJCD=100550

3.意見・情報の提出方法
(1) インターネットによる提出(意見公募要領をご参照下さい)
(2) 郵便
   〒 100-8950 東京都千代田区霞が関1-2-1
             農林水産省消費・安全局表示・規格課
(3) ファクシミリ
   03-3502-0594

4.意見・情報の提出の締切日
平成22年2月16日(火曜日)(郵便の場合は消印有効)

5.意見・情報の提出上の注意
・提出の意見・情報は日本語に限ります。
・電話での意見・情報はお受けしませんので御了承願います。
・個人は住所・氏名・年齢・職業を、法人は法人名・所在地を明記してください。これらの情報は、公表する場合もありますので、御了承願います。(公表の際に匿名を希望される場合は、意見提出時にその旨書き添えてください。)提出いただいた個人情報については、お問い合わせの回答や確認の御連絡に利用します。なお、これらの情報は御意見等の内容に応じ、農林水産省の関係部署、関係府庁等に転送することがあります。
 
<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)
取りまとめ案(PDF:26KB)

―お問い合わせ先―
消費・安全局表示・規格課
担当者:吉松、矢口
代表:03-3502-8111(内線4483)
ダイヤルイン:03-6744-2099
FAX:03-3502-0594

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************


 



ブログタイトル変更しました
本ブログは2010年9月21日より「食品衛生インフォメーション」と名称変更しました。
なお、旧タイトルである「株式会社町田予防衛生研究所 社員ブログ」につきましては、2010年10月13日より、当社サイト内にて改めてオープンしました!
コチラのブログにつきましてもどうぞよろしくお願い致します。
▶ Profile
▶ Links
▶ Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
▶ Categories
▶ Archives
▶ Search this site.
▶ Others
▶ Mobile
qrcode
▶ Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM