厚生労働省:平成24年度 輸入食品監視指導計画を策定しました

厚生労働省は平成24年度 輸入食品監視指導計画を策定について発表しました。


平成24年3月29日
医薬食品局食品安全部監視安全課
輸入食品安全対策室
室  長   道野 英司
専門官   大田 光恵
係 長    岡崎 隆之
(電話代表) 03(5253)1111(内線2498)
(電話直通) 03(3595)2337

報道関係者各位

平成24年度 輸入食品監視指導計画を策定しました

 厚生労働省ではこのほど、平成24年度「輸入食品監視指導計画」を策定しましたので、公表します。

輸入食品監視指導計画は、日本に輸入される食品をはじめ、添加物、容器包装、おもちゃなどの一層の安全性を確保するため、輸出国での生産から輸入時のそれぞれの段階で、厚生労働本省及び検疫所が取るべき対応について、毎年定めるものです。平成24年度計画の適用期間は平成24年4月1日から平成25年3月31日までで、主な概要は次の通りです。

なお、本計画に基づく監視体制強化のため、平成24年度に検疫所の食品衛生監視員を6名増員します(全国399名配置)。

【主な内容】
○ 輸出国の衛生対策を推進するため、輸出国政府との二国間協議や計画的な現地調査、技術協力などを行う。また、関係行政機関と連携して海外情報などに基づく緊急対応を実施する。

○ 検疫所においては、以下を重点項目として監視指導を実施する。
・輸入届出時の審査で食品衛生法違反(法違反)の有無を確認
・法違反の可能性が低い食品などに関し、モニタリング検査を計画的に実施
(平成23年度実施件数:約8万6千百件→平成24年度予定:約8万9千9百件)
・法違反の可能性が高いと見込まれる食品などについては、輸入者に「検査命令」を発動(平成24年4月予定:全輸出国の17品目および27カ国1地域の78品目)

○ 検疫所においては、輸入者の自主的な衛生管理を推進するため、輸入前指導を行うほか、初回輸入時および定期的な自主検査を実施するよう指導する。また、食品衛生に関する知識習得の啓発などを行う。

○ 輸入時や国内流通時の検査で違反が発見された場合には、回収などの対応が適切に行われるよう、厚生労働本省、検疫所、都道府県などが連携して対応する。

<24年度の主な新規掲載事項>
安全性審査を経ていない遺伝子組換え微生物を用いた食品添加物が輸入、販売された事案を踏まえ、検疫所において輸入者に対し、適宜製造工程を確認するよう指導する。

本計画は、厚生労働省ホームページ内「輸入食品監視業務」のページにも掲載しています。
http:// http://www.mhlw.go.jp:10080/topics/yunyu/kanshi/h24/yunyu_keikaku.html

厚生労働省報道発表
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000026ln1.html


************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************


厚生労働省医薬食品局: ドイツ産鶏卵、鶏肉及び豚肉等の取扱いについて

 厚生労働省医薬食品局は、ドイツ産鶏卵、鶏肉及び豚肉等の取扱いについて発表しました。


食安輸発0112第2号
平成23年1月12日


各検疫所長殿


医薬食品局食品安全部監視安全課
輸入食品安全対策室長
(公印省略)



ドイツ産鶏卵、鶏肉及び豚肉等の取扱いについて



 標記については、ドイツ連邦共和国政府より、飼料原料にダイオキシンが混入し、当該飼料が給与され、汚染の疑いがある鶏卵の回収、鶏及び豚の殺処分等の措置が採られているとの情報を入手し、本年1月5日及び1月11日にその取扱いについて連絡したところです。

 ついては、今般、輸出国政府から提出された情報を踏まえ、下記食品の輸入届出がなされた場合には、輸入者に対し本事案との関連性について報告を求めることとしたので、輸入者に指示するとともに、企画情報課検疫所業務管理室を通じ、当室まで連絡するようお願いします。



対象食品: 鶏肉、鶏卵、豚肉及びそれらの加工品
       (平成22年11月11日以降にとさつ及び採卵されたものに限る。)
 

食安輸発0112第2号

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************



厚生労働省: 食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令に係る別途指示等について

 厚生労働省医薬食品局食は、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令に係る別途指示等について発表しました。

各検疫所御中

事 務 連 絡
平成22年11月18日
医薬食品局食品安全部
監視安全課
輸入食品安全対策室




食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令に係る別途指示等について
(スペイン産非加熱食肉製品)




 標記については、平成22年3月30日付け事務連絡によりお知らせしたところですが、今般、輸入時の自主検査において、下記の製造者により製造されたスペイン産非加熱食肉製品からリステリア菌が検出されたことから、同事務連絡の別添1の別表3を別紙のとおりとするので御了知の上、関係営業者への周知方よろしくお願いします。(*別紙3:検査命令対象製造者一覧表)



製造者名:AIRESANO PRODUCCION S.L.
施設番号:10.08777/TE


【添付ファイル省略】
************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************



厚生労働省: 食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令に係る別途指示等について

 

 厚生労働省医薬食品局食は、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令に係る別途指示等について発表しました。

事 務 連 絡
平成22年11月29日

各検疫所 御中

医薬食品局食品安全部監視安全課
輸入食品安全対策室




食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令に係わる別途指示等について
〜イタリア産非加熱食肉製品〜




 標記については、平成22年3月30日付け事務連絡によりお知らせしたところですが、今般、輸入時の自主検査等において、下記の製造者により製造されたイタリア産非加熱食肉製品からリステリア菌が検出されたことから、同事務連絡の別添1の別表1を別紙のとおりとするので御了知の上、関係営業者への周知方よろしくお願いします。(*別表1:既に発表されている検査命令対象者一覧表)
 


 記


1.製造者名:LA BADIA S.P.A.
  施設番号:CE IT 613 L
2.製造者名:CERIANI SPA
  施設番号:CE IT 96 L
3.製造者名:SIA.MO.CI SRL又はAL PARSUT SPA
  施設番号:CE IT 2108 L
4.製造者名:AL PONTE PROSCIUTTI SRL
  施設番号:CE IT 299 L

【添付ファイル省略】
************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************



厚生労働省: カナダ産非加熱食肉製品(生食用)の検査命令の実施について

 厚生労働省医薬食品局は、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令について発表しました。

食安輸発1126第1号
平成22年11月26日

各検疫所長殿

医薬食品局食品安全部監視安全課
輸入食品安全対策室長
(公印省略)




食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令の実施について
〜カナダ産非加熱食肉製品(加熱せずに食すものに限る〜




 標記については、平成22年3月30日付け食安輸発0330第1号(最終改正:平成22年11月16日付け食安輸発1116第1号)にて通知したところですが、今般、輸入時の自主検査において、カナダ産非加熱食肉製品からリステリア菌を検出したことから、輸入届出ごとの全ロットについて検査命令を行うこととし、同通知の別表1のオランダ産セルリアック及びその加工品(簡易な加工に限る。)の項の次に下記を加えるので、御了知の上、関係営業者への周知方よろしくお願いします。



対象食品等: 非加熱食肉製品(生食用)
製造者名: ZADI FOODS LIMITED
工場番号: 665
検査項目: リステリア菌
採検査の方法:平成5年8月2日付け衛乳第169号中の
            「乳、乳製品中のリステリア検査法手順( IDF標準法)」

検査命令の理由: リステリア菌で汚染されている恐れあり

【添付ファイル省略】
************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************



厚生労働省: ベトナム産えび及びその加工品に関する検査命令の実施について

 

厚生労働省は、10月21日ベトナム産えび及びその加工品の輸入に対する検査命令を発表しました。


 輸入食品に対する検査命令の実施について
〜ベトナム産えび及びその加工品〜

 

                                                2010年10月21日
厚生労働省医薬食品局
食品安全部監視安全課


 厚生労働省は、 輸入者に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットについて検査を義務づける取扱い)を実施することとした。

経緯
検疫所のモニタリング検査において、ベトナム産冷凍養殖えびからトリフルラリンを検出したことから
、検査命令を実施するもの。 

対象食品
 ベトナム産えび及びその加工品(簡易な加工に限る)

検査項目
.ロラムフェニコール ▲侫薀哨螢疋鵝´フラルタドン ぅ肇螢侫襯薀螢

<別添資料省略>

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************



厚生労働省: 輸入食品に対する検査命令の実施について(タイ産ナンキョウ及びその加工品)

厚生労働省は、10月18日タイ産ナンキョウ及びその加工品の輸入に対する検査命令を発表しました。


 輸入食品に対する検査命令の実施について
〜タイ産ナンキョウ(学名:Alpinia galanga)及びその加工品〜

 

                                                  2010年10月18日
厚生労働省


 厚生労働省は、 輸入者に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットについて検査を義務づける取扱い)を実施することとした。
 登録検査機関の受託体制が整うまでの間は、輸入者に対し自主検査を指導することとし、検査命令の発出を開始する日については別途連絡することにした。 

経緯
 検疫所におけるモニタリング検査の結果、タイ産ナンキョウから基準値を超えるクロルピリホスを検出したことから、検査命令を実施するもの。 

対象食品
 タイ産ナンキョウ(学名: Alpinia galanga)*1及びその加工品(簡易な加工に限る。) 

検査項目
 クロルピリホス*2

―お問合せ先―
医薬食品局食品安全部監視安全課
輸入食品安全対策室
(担当・内線)室長 道野(2495)
西村、岡崎(2497、2496)
(電話代表) 03(5253)1111
(電話直通) 03(3595)2337

厚生労働省プレスリリス
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000uav9.html

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************



食品安全委員会:食品安全モニターからの報告より[輸入食品]

 食品安全委員会より発表された「食品安全モニターからの報告(平成22年7月分)について」より輸入食品についてを一部抜粋しました。
○ 輸入食品の残留農薬監視及び検査体制強化
国民に安心して提供できる食品対策の一つとして、特に外国から輸入される野菜等の残留農薬監視体制と検査体制(人及び技術を含め)強化を早急に見直し、実施に努めていただきたい。
(福井県 男性 68 歳 医療・教育職経験者)
【厚生労働省からのコメント】
我が国に輸入される食品等の安全性を確保するために、年度毎に「輸入食品監視指導計画」を定め、〕⊇亶饕奮、⇒入時の水際段階、9馥睥通段階の3段階で対策を実施しています。

輸出国における衛生対策の推進としては、輸出国政府等に対し、違反原因の究明及び再発防止対策の確立を要請するとともに、二国間協議を通じて生産等の段階における衛生管理の実施、監視体制の強化、輸出前検査の実施等を推進するほか、必要に応じて担当官を派遣して輸出国の衛生対策の確認を実施しています。また、輸入時における衛生対策としては、多種多様な輸入食品を幅広く監視するため、年間計画に基づいてモニタリング検査を実施するとともに、モニタリング検査における違反の内容等に照らして違反の可能性が高いと見込まれる輸入食品について、輸入の都度の検査命令を実施しています。

また、検疫所における食品衛生監視員の増員、輸入時の検査件数・検査項目の拡充のための必要な検査機器の導入により、監視・検査体制の強化を行っています。

輸入者の自主的な衛生管理について、その更なる推進のため、平成20年6月に「輸入加工食品の自主管理に関する指針(ガイドライン)」を公表し、各検疫所において輸入者に対する説明会を行いました。

また、昨年8月に平成20年度輸入食品監視指導計画に基づく監視指導結果及び平成20年度輸入食品監視統計をとりまとめ公表し、厚生労働省ホームページに掲載したので、お知らせします。

〔参考〕
  ○厚生労働省
  「輸入加工食品の自主管理に関する指針(ガイドライン)」
  http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/tp0130-1ah.html

  「平成20 年度輸入食品監視指導計画に基づく監視指導結果」
  http://www.mhlw.go.jp/za/0817/a10/a10-02.pdf

  「平成20 年度輸入食品監視統計」
  http://www.mhlw.go.jp/topics/yunyu/dl/06toukei.pdf

  「輸入食品の安全確保を目指して〜検疫所の仕事〜」
  http://www.youtube.com/watch?v=W-xO412xBXU


-----------------------------
食品安全委員会
食品安全モニターからの報告(平成22年7月分)について(PDF)


************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010

URL:http://www.mhcl.jp
************************



検査命令:ブラジル産牛肉(内臓含む)及びその加工品

厚生労働省は、ブラジル産牛肉(内臓含む)及びその加工品について検査命令を発表しました。
平成22年9月30日
医薬食品局食品安全部監視安全課
輸入食品安全対策室
(担当・内線)室長 道野(2495)
西村、柴田(2497、2499)
(電話代表) 03(5253)1111
(電話直通) 03(3595)2337


輸入食品に対する検査命令の実施について
〜ブラジル産牛肉(内臓含む)及びその加工品〜

 本日、以下のとおり輸入者に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットについて検査を義務づける取扱い)を実施することとしたので、お知らせします。

対象食品等
ブラジル産牛肉(内臓含む)及びその加工品(簡易な加工に限る。)

検査の項目
イベルメクチン(内部寄生虫、外部寄生虫の駆除剤)

経 緯
 検疫所におけるモニタリング検査の結果、ブラジル産牛肉調整品及び牛舌調整品から基準値を超えるイベルメクチンを検出したことから、検査命令を実施するもの。


<参考1>ブラジル産牛肉(内臓含む)のイベルメクチンに係る違反事例

 品 名:冷凍牛肉調整品(牛肉のミンチをダイス状に成形し蒸したもの)
  輸入者:ヴェルデトレイディング株式会社
  製造者:JBS S/A (SIF385)
  届出数量及び重量:1カートン、0.05トン
  検査結果:イベルメクチン0.06ppm検出注1 (基準値:0.01ppm注2)
  届出先:成田空港検疫所
  到着年月日:平成22年7月22日
  違反確定日:平成22年8月24日
  措置状況:全量廃棄済

 品 名:冷凍牛舌調整品(牛舌をボイルしたもの)
  輸入者:東邦物産株式会社
  製造者:BERTIN S/A (SIF337)
  届出数量及び重量:1,346カートン、23.94トン
  検査結果:イベルメクチン0.03ppm検出(基準値:0.01ppm)
  届出先:東京検疫所
  到着年月日:平成22年8月4日
  違反確定日:平成22年9月30日
  措置状況:全量保管中

注 1 イベルメクチンの許容一日摂取量(人が一生涯毎日摂取し続けても、健康への影響がないとされる一日当たりの摂取量)は、体重1kg当たり 0.001mg/日であることから、体重60kgの人がイベルメクチンが0.06ppm残留した牛肉を毎日1kg摂取し続けたとしても、許容一日摂取量を超えることはなく、健康に及ぼす影響はありません。なお、〈参考1〉中の検査結果は生鮮状態に換算した値。

注 2 イベルメクチンは、牛の筋肉には0.01ppmの基準値が適用されますが、例えば、豚の筋肉には0.02ppmの基準値が設定されています。

<参考2>ブラジル産牛肉(内臓含む)の輸入実績
平成21年4月1日から平成22年9月30日まで:速報値
年度 届出件数 届出重量(トン) 検査件数* 違反件数
平成21年 284 4,038 0 0
平成22年 134 1,615 19 2(イベルメクチン)

*動物用医薬品に係る検査


厚生労働省プレスリリース
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000sv9o.html

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010

URL:http://www.mhcl.jp
************************




厚生労働省:輸入食品に対する検査命令の実施について〜中国産アスパラガス及びその加工品〜

 厚生労働省は、中国産アスパラガスとその加工品について、s -トリアジン系除草剤アメトリンの検査を義務付けることを発表しました。
報道発表資料                      平成22年9月7日 
                               
医薬食品局食品安全部監視安全課 
                               
輸入食品安全対策室
                               (担当・内線)室長 道野(2495)
                                             西村、岡崎(2497、2496)
                                                              (電話代表) 03(5253)1111
                                                              (電話直通) 03(3595)2337

報道関係者各位

            輸入食品に対する検査命令の実施について
             〜中国産アスパラガス及びその加工品〜

 本日、以下のとおり輸入者に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットについて検査を義務づける取扱い)を実施することとしたので、お知らせします。なお、登録検査機関の受託体制が整うまでの間は、輸入者に対し、自主検査を指導することとします。

対象食品等 中国産アスパラガス及びその加工品(簡易な加工に限る。)        

検査の項目 
アメトリン*       

経緯     
検疫所におけるモニタリング検査の結果、中国産冷凍アスパラガスから
         基準値を超えるアメトリンを検出したことから、検査命令を実施するもの。
         
                                         *トリアジン系除草剤


                     

  

続きを読む >>


ブログタイトル変更しました
本ブログは2010年9月21日より「食品衛生インフォメーション」と名称変更しました。
なお、旧タイトルである「株式会社町田予防衛生研究所 社員ブログ」につきましては、2010年10月13日より、当社サイト内にて改めてオープンしました!
コチラのブログにつきましてもどうぞよろしくお願い致します。
▶ Profile
▶ Links
▶ Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
▶ Categories
▶ Archives
▶ Search this site.
▶ Others
▶ Mobile
qrcode
▶ Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM