<< 農林水産省:メキシコからの家きん及び家きん肉等の輸入停止措置について | main | 英国:食費の節約のために食品安全リスクを冒す人がいることが判明 >>

厚生労働省:7月1日から牛のレバー(肝臓)の生食用としての販売・提供を禁止について

厚生労働省は「 7月1日から牛のレバー(肝臓)の生食用としての販売・提供を禁止」を発表しました

平成24年6月29日
厚生労働省


〜夏場の食中毒予防とあわせて広報・周知を開始〜


 食品衛生法に基づく規格基準の改正により、7月1日(日)から牛のレバー(肝臓)の生食用としての販売・提供が禁止となります。
 これは、牛の肝臓の内部から、重篤な食中毒の原因となる腸管出血性大腸菌が検出されることがあり、現時点では、生の牛のレバーを安全に食べる方法がないことから、実施するものです。
 厚生労働省では、リーフレットを制作し、全国の自治体を通じてこの禁止措置を行う理由を周知していきます。 あわせて、牛のレバーを食べる際には必ず中心部まで加熱するなど、具体的な注意事項を記載し、消費者に対して生食をしないことへの理解を求めていきます。

 なお、食中毒の原因は多様であり、特に夏の時期は、O157など腸管出血性大腸菌や、カンピロバクターなど、細菌による食中毒の発生が増加する傾向があります。厚生労働省では、この機会に事業者や消費者に向け、食中毒の予防に努めるよう呼びかけていきます。


※食中毒の予防の3原則 :食中毒の原因となる細菌等を『付けない、増やさない、やっつける』
 ・付けない ・・・ 生の肉や魚と、それ以外の料理の調理器具を使い分ける 
 ・増やさない・・・ 食品を冷蔵庫で保存する     
 ・やっつける・・・ 十分に加熱する(目安は中心部の温度が75℃で1分間以上)


牛のレバーの生食用としての販売・提供の禁止についての情報
リーフレット 厚生労働省ホームページ 「牛レバーを生食するのはやめましょう」
一般的な食中毒予防についての情報
リーフレット 「家庭でできる食中毒予防の6つのポイント」 
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/dl/point0709.pdf

厚生労働省ホームページ 「食中毒」
※家庭での予防法や、事業者向けのマニュアル、原因ごとの対応などを掲載
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuchu/index.html


厚生労働省報道発表資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002e1r3.html

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************


ブログタイトル変更しました
本ブログは2010年9月21日より「食品衛生インフォメーション」と名称変更しました。
なお、旧タイトルである「株式会社町田予防衛生研究所 社員ブログ」につきましては、2010年10月13日より、当社サイト内にて改めてオープンしました!
コチラのブログにつきましてもどうぞよろしくお願い致します。
▶ Profile
▶ Links
▶ Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
selected entries
▶ Categories
▶ Archives
▶ Search this site.
▶ Others
▶ Mobile
qrcode
▶ Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM