<< 農林水産省:植物防疫法施行規則の一部改正等について | main | 東京都:第20回 食の安全都民フォーラムを開催します! >>

米国:ニューヨーク州の特定の水域で採捕された貝類に関する注意喚起 (腸炎ビブリオ感染患者発生)

国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部発表「食品安全情報(微生物)No.15 / 2012(2012.07.25)」より
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html


ニューヨーク州の特定の水域で採捕された貝類に関する注意喚起
(腸炎ビブリオ感染患者発生)
FDA warns consumers not to eat shellfish from Oyster Bay Harbor, Nassau County, NY

July 20, 2012

http://www.fda.gov/NewsEvents/Newsroom/PressAnnouncements/ucm312977.htm

米国食品医薬品局(US FDA)は、ニューヨーク州Nassau郡Oyster Bay Harbor産を示すタグが付いた生および半加熱済みの貝類(oyster、clam)を喫食しないよう消費者に注意喚起している。これは、複数の州で腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus)感染患者が報告されたことを受けての措置である。確定および疑い患者と当該水域で採捕された貝との関連が確認されている。患者は、当該水域で採捕された生および半加熱済みの貝類を喫食したと報告している。ニューヨーク州環境保護局(DEC: Department of Environmental Conservation)は、2012年7月13日にOyster Bay Harborでの採捕を禁止した。貝類の採捕、出荷、積替、加工、飲食提供および小売にかかわる全ての業者は、保有在庫に当該貝類が含まれていないか、すべてのコンテナを確認すべきである。採捕水域がOyster Bay Harbor で採捕日が2012年6月1日以降であることを示すタグが付いている貝類については、販売や提供をせずに廃棄すべきである。

消費者に対する助言
採捕水域がOyster Bay Harbor で採捕日が2012年6月1日以降であることを示すタグが付いた貝類を保有している消費者は、これらを喫食せずに廃棄すべきである。

当該貝類の流通先
ニューヨーク州DECによれば、当該水域で採捕された貝類の流通先として、コネチカット、メーン、メリーランド、マサチューセッツ、ミシガン、ミズーリ、ニュージャージー、ニューヨーク、ペンシルバニアおよびロードアイランドの10州が明らかになっているが、流通先はこれらの地域に限定されるとは限らない。

対応措置
ニューヨーク州DECはOyster Bay Harborでの貝類の採捕を禁止し、関連業者には当該貝類の使用を、消費者にはこれらの喫食を避けるよう注意喚起するプレスリリースを発表した。DECは、当該貝類が流通した州の関連当局および州間貝類衛生協議会(ISSC:Interstate Shellfish Sanitation Conference)に通知し、ISSCはこれを受けて各会員に通知を出した。


● 米国食品医薬品局(US FDA:US Food and Drug Administration)
http://www.fda.gov/

************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************


ブログタイトル変更しました
本ブログは2010年9月21日より「食品衛生インフォメーション」と名称変更しました。
なお、旧タイトルである「株式会社町田予防衛生研究所 社員ブログ」につきましては、2010年10月13日より、当社サイト内にて改めてオープンしました!
コチラのブログにつきましてもどうぞよろしくお願い致します。
▶ Profile
▶ Links
▶ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
▶ Categories
▶ Archives
▶ Search this site.
▶ Others
▶ Mobile
qrcode
▶ Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM