<< キャベツ、はくさいの緊急需給調整事業の実施について | main | 農林水産省:食品中の放射性物質に関する広報の実施 >>

米国:食品および水に関連する病原体のリスクから消費者を保護するための新しいツール

国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部発表
「食品安全情報(微生物)No.18 / 2012(2012.09.05)」より
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/foodinfonews/index.html

食品および水に関連する病原体のリスクから消費者を保護するための新しいツール
New Resource to Help Protect Consumers from Pathogen Risks in Food and Water

July 31, 2012

米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS)および米国環境保護庁(EPA)は、食品および飲料水に関連する病原体のリスクから消費者を保護するために科学的評価担当者が収集・使用するデータの質の向上に役立つ新ツールを発表した。この新ツール「微生物学的リスクアセスメント(MRA)ガイドライン」は、公衆衛生共同プロジェクトとしてUSDA FSISがEPAと合同で作成した。

食品、飲料水および環境に潜む病原体により急性の胃腸関連疾患から長期的・持続的な健康被害や死亡につながることもあり、また多くの場合、同一の汚染源が飲料水と食品の病原体汚染を引き起こす。これらの認識にもとづき、本MRAガイドラインは、病原体への暴露が消費者にもたらすリスクについて意味のある評価を行うための包括的な手法を提示している。本ガイドラインで論じられているMRAの手法は利用者が使い易いQ & A形式となっており、リスク評価者が所属機関の固有の条件に合致したMRAを実施するのを支援する。

食品、水および環境に関連のある化学物質については正規のリスク評価が過去数十年にわたって実施されているが、包括的なMRAガイドラインはこれまで作成されていなかった。本ガイドラインはこの状況に対処するため、食品および水に関連するMRAの作成に必要な網羅的、具体的かつ記述的な情報を提供している。

本MRAガイドラインは、以下のFSISおよびEPAの各サイトから入手可能である。

http://www.fsis.usda.gov/Science/Microbial_Risk_Assessment_Guideline/index.asp(FSIS)
http://www.epa.gov/raf/microbial.htm(EPA)

http://www.fsis.usda.gov/News_&_Events/NR_073112_01/index.asp
http://www.fsis.usda.gov/PDF
/Microbial_Risk_Assessment_Guideline_2012-001.pdf(ガイドラインPDF)

● 米国農務省食品安全検査局(USDA FSIS: Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service)
http://www.fsis.usda.gov/



************************
株式会社町田予防衛生研究所
TEL:042-725-2010
URL:http://www.mhcl.jp
************************


ブログタイトル変更しました
本ブログは2010年9月21日より「食品衛生インフォメーション」と名称変更しました。
なお、旧タイトルである「株式会社町田予防衛生研究所 社員ブログ」につきましては、2010年10月13日より、当社サイト内にて改めてオープンしました!
コチラのブログにつきましてもどうぞよろしくお願い致します。
▶ Profile
▶ Links
▶ Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
▶ Categories
▶ Archives
▶ Search this site.
▶ Others
▶ Mobile
qrcode
▶ Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM